シャトレーゼが閉店する理由~知られざる事情を解明します~

シャトレーゼ

シャトレーゼの閉店ニュースが、ときたま話題になりますが、その理由は一体何なのでしょうか?

シャトレーゼは多くの人に愛される人気スイーツ店として知られ、多くのスイーツファンから支持されいています。

今回は、シャトレーゼの閉店理由について詳しく調査し、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

シャトレーゼの閉店の理由→土地の期限が切れるから

土地の借用期限とは?

シャトレーゼが閉店する理由の一つに、土地の借用期限が切れるという要因が挙げられます。

土地の借用期限とは、シャトレーゼが店舗を運営する土地を借りる際に設定される、契約の期限のことです。

お店を構えるための土地を借りることで、長期的な店舗運営が可能になるのです。

しかし、土地の借用期限が切れると、その土地を継続して使用することが難しくなります。

そうなると、シャトレーゼはその土地に店舗を続けることができなくなり、閉店を選択せざるを得なくなるのです。

これは実は多くの企業が直面する問題であり、長期的な経営を続けるためには土地の借用期限の管理が非常に重要なのです。

実際に、シャトレーゼが閉店する店舗の中には、土地の借用期限が切れたことが原因のものもあるようです。

土地の借用期限の管理がうまくいかなかった場合には、運営を続けることが難しくなり、お店を閉める選択を迫られることもあるのです。

なぜ土地の借用期限が影響するのか?

なぜ土地の借用期限が影響するのか、実は、これにはいくつかの理由があるんですね。

まず一つ目の理由は、土地の借用期限が切れると、その土地を継続して使用することが難しくなるからなんです。

土地を借りて店舗を構える場合、契約で定められた期間だけが使えるんですよ。

その契約期間が終了すると、土地の所有者は別の用途に使いたい場合があるかもしれません。

そうなると、シャトレーゼはその土地を使い続けることができなくなってしまうんです。

たとえば、ある土地を10年間借りていて、その期間が終了すると、土地の所有者が他の企業に貸すか、自分たちで新しい店を建てるかするかもしれませんね。

シャトレーゼがその土地を使い続けるためには、再契約するか、別の土地を見つけるかする必要があるんです。

そして、二つ目の理由は、土地の借用期限が切れると、地域の環境や商業の構造が変わっていることがあるんですよ。

時代の流れや地域の需要に合わせて、商業施設や店舗の配置が変わってくることがあります。

もしかしたら、シャトレーゼがその場所に店舗を続けることが難しくなったり、新しい場所の方がより良い条件だったりすることもあるかもしれませんね。

これらの理由から、土地の借用期限が影響するんです。

シャトレーゼは地域のニーズや経営の戦略に合わせて、どの店舗を継続させるか、どの場所に新しい店舗をオープンさせるかを慎重に判断しているんですよ。

シャトレーゼは私たちの生活に役立つお店であり続けるために、経営陣は慎重に土地の借用期限を管理しているのです。

シャトレーゼの閉店の理由→フランチャイズの更新期限が切れるから

フランチャイズの更新期限が切れるから

また、フランチャイズの更新期限が切れることも、閉店につながる要因となります。

フランチャイズの更新期限とは?

シャトレーゼが閉店する理由のもう一つのポイント、それは「フランチャイズの更新期限」なんです。

フランチャイズって、他の企業から商標やノウハウを借りて、独立した店舗を経営することを言うんですよ。

シャトレーゼもフランチャイズ方式を使って、たくさんのお店を展開しているんですね!

そしてフランチャイズ契約には、期限が設定されているんです。

だからフランチャイズの更新期限とは、その契約の期限が切れる時期のことを指します。

フランチャイズ契約を結ぶときには、一定の期間を決めてお店を運営することになります。

例えば、10年間の契約を結んだ場合、その10年が更新期限となるわけですね。

では、なぜフランチャイズの更新期限が影響するのか、気になりますよね。

更新期限が切れるとどうなるのか?

シャトレーゼのフランチャイズ契約が更新期限を迎えるとき、いくつかの可能性が考えられます。

まず一つ目は、更新がされてそのまま営業を続ける場合です。

これは、お店の運営が順調であり、フランチャイズ本部との信頼関係が良好な場合に起こることが多いです。

そして二つ目は、契約の更新が難しくなり、新たな条件を提示されるケースです。

これは、経営状況が厳しい場合やフランチャイズ本部との意見が食い違った場合に起こることがあります。

新たな条件が受け入れられない場合、お店は独立して営業することになります。

さらに三つ目は、契約の更新ができず、お店を閉めることになるケースです。

これは最も厳しいシナリオであり、経営がうまくいかなかったり、フランチャイズ本部との問題が解決できなかった場合に起こります。

では、これらのケースに対して具体的なデータを見てみましょう。

シャトレーゼはフランチャイズ方式を活用して多くのお店を展開しています。

2015年の店舗数は461店舗でしたが、4年後の2019年には578店舗に増えています(出典:株式会社シャトレーゼ公式サイト)。

これからの展望として、シャトレーゼは海外進出も積極的に行っています。

海外では、シンガポール・マレーシア・香港・ドバイなどに店舗を展開しています。

そして、今後は海外の店舗を150店舗まで拡大する計画を立てています(出典:株式会社シャトレーゼ公式サイト)。

これらのデータからわかるように、シャトレーゼは成長を続けている企業です。

一部のお店で更新期限が切れることがあっても、新たな店舗をオープンしたり、海外進出を進めることで、その影響をカバーしているのですね。

更新期限が切れると、お店の運営に影響があるかもしれませんが、シャトレーゼは地域のニーズや経営の戦略に合わせて適切な判断をしていることが伺えます。

地域の人々に愛されるお店であり続けるために、シャトレーゼは慎重に経営戦略を考えているのです。

シャトレーゼの閉店の理由→採算の取れない店舗の見極め

シャトレーゼは採算の取れない店舗を閉鎖し、新しい店をオープンさせています。

採算の取れない店舗とは?

シャトレーゼが採算の取れない店舗と判断する基準は、いくつかあります。

まず一つ目は、売上が見込みよりも低い場合です。

お店を経営する際には、予想される売上をもとに収益を見込むわけですが、それに届かない場合があるんですね。

二つ目は、経費が高くて利益を上げるのが難しい場合です。

お店を運営するには様々な経費がかかります。

人件費や原材料費、店舗維持費などがありますが、それらが売上を上回る場合には採算が合わなくなるんです。

そして三つ目は、地域の需要や競合他社との競争が激しい場合です。

周りに似たようなお店が多く、お客さんの選択肢が多い場合には、集客が難しくなることもあるんですね。

シャトレーゼは成長を続けている企業ですが、時には採算の取れない店舗を閉鎖することもあります。

その理由は、持続的な経営を行うために、経営リソースを健全な店舗に集中させるためなんです。

つまり、売上や収益が見込みどおりにならない店舗を閉鎖し、新しい店舗をオープンさせることで、成長を続けているんですね。

データを見てみると、2015年の店舗数は461店舗でしたが、4年後の2019年には578店舗に増えています(出典:株式会社シャトレーゼ公式サイト)。

この期間に閉鎖した店舗もあったかもしれませんが、同時に新しい店舗を増やすことで、成長を遂げているのです。

シャトレーゼは地域のニーズや経営の戦略に合わせて、採算の取れない店舗を厳選的に閉鎖しているんですね。

そして、持続的な成長を目指して、積極的に新しい店舗を展開しています。

新しい店舗のオープン戦略

シャトレーゼは成長を続けるために、新しい店舗のオープン戦略を積極的に展開しています。その戦略にはいくつかのポイントがありますよ。

まず一つ目は、地域の需要を見極めて展開することです。

シャトレーゼは地域ごとに異なるニーズを把握し、その地域に合った店舗をオープンさせています。

これにより、地域の人々に愛されるお店を提供することができるんですね。

そして二つ目は、競合他社との差別化を図ることです。

スイーツ業界は競争が激しいですが、シャトレーゼは独自の商品やサービスを提供することで、他のお店との差別化を図っています。

たとえば、シャトレーゼは季節ごとに限定商品を提供したり、地域限定の商品を販売したりしています。

これにより、お客さんに新しい楽しみを提供し、リピーターを増やすことに成功しているんですよ。

さらに三つ目は、海外進出に力を入れていることです。

シャトレーゼは海外市場にも積極的に進出し、海外での店舗展開を拡大しています。海外進出により、新しい市場での成長を目指しているんですね。

データを見てみると、シャトレーゼは2012年にオランダの菓子メーカーを買収し、オランダにも進出しています(出典:株式会社シャトレーゼ公式サイト)。

そして、シンガポール・マレーシア・香港・ドバイなどにも店舗を展開しており、海外市場での成功を収めています。

シャトレーゼの閉店の理由→店舗設備の老朽化と改修費用の問題

店舗設備の老朽化と改修費用の問題は、経営にとって重要な課題です。

そもそも老朽化とは、設備や建物が長い年月を経て劣化してしまうことを指します。

これはお店だけでなく、家でもわかりやすい例ですね。

古い家は壁や床が傷んでいたり、水回りの設備が劣化していることがありますよね。

シャトレーゼの店舗も同じで、長い年月を経て設備が古びてしまうことがあります。

その場合、改修やリフォームが必要になるんですよ。

改修費用の問題も大きなポイントです。

改修にはお金がかかりますし、費用をどう捻出するかは重要な課題ですよね。

シャトレーゼは、古くなった店舗の改修にはしっかりと対応しています。

経営陣は古びた設備の見直しや改良に力を入れているんですよ。

なぜなら、お店の設備がきちんと整備されていないと、お客さんに快適な空間を提供できないからです。

シャトレーゼはお客さんに喜んでいただくために、定期的に店舗を点検し、必要な改修を行っています。

お客さんが気持ちよくスイーツを楽しんでいただけるよう、設備のメンテナンスには細心の注意を払っているんですね。

また、改修費用についても慎重に考えています。

収益を上げるためには、無駄な費用は抑えることが大切ですからね。改修にかかる費用を経営計画にしっかりと組み込み、健全な経営を実現しています。

データを見てみると、シャトレーゼは経営を安定させるために努力しています。

2015年の売上は540億円でしたが、4年後の2019年には662億円に増えています(出典:株式会社シャトレーゼ公式サイト)。

この成長を支えるためにも、店舗設備の老朽化や改修費用にはきちんと対応していることがわかりますね。

まとめ

今回は、シャトレーゼの閉店理由や新しい店舗のオープン戦略をお伝えしました。

シャトレーゼの閉店理由には、いろいろな背景があることがわかりました。

地域の変化や経営の判断など、様々な要因が絡み合っていたんですね。

シャトレーゼが、これからも私たちの生活に喜びと幸せを届けてくれることを願っています!

 

タイトルとURLをコピーしました