宝くじで4等が当たる確率と宝くじ別当せん金額を紹介!

宝くじ
スポンサードリンク

宝くじの4等と言えば、年末ジャンボ、ジャンボミニ、ロト、ビンゴ5がありますね。

4等が当たる金額が、宝くじの種類によっても違っていたので調べてみました。

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

宝くじ別 4等当せん金額

ドリームジャンボ宝くじ

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→抽選日 2022年6月13日~2023年3月10日

第951回全国自治宝くじ(バレンタインジャンボ宝くじ)→4等 5万円
第945回全国自治宝くじ(年末ジャンボ宝くじ)→4等 5万円
第939回全国自治宝くじ(ハロウィンジャンボ宝くじ)→4等 1万円
第931回全国自治宝くじ(サマージャンボ宝くじ)→4等 3000円
第922回全国自治宝くじ(ドリームジャンボ宝くじ)→4等 1万円

ドリームジャンボミニ

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→抽選日 2022年6月13日~2023年3月10日

第952回全国自治宝くじ(バレンタインジャンボミニ)→4等 1万円
第946回全国自治宝くじ(年末ジャンボミニ)→4等 300円
第940回全国自治宝くじ(ハロウィンジャンボミニ)→4等 3000円
第932回全国自治宝くじ(サマージャンボミニ)→4等なし(3等まで)
第923回全国自治宝くじ(ドリームジャンボミニ)→4等 3000円

スポンサーリンク

ロト7

 

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→第517~520回

4等   6,800~9,000円 

ロト6

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→第1780~1787回

4等   5,900~9,900円 

ミニロト

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→ 第1226~1229回

4等    800~900円 

スポンサーリンク

ビンゴ5

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

調べた期間→第311~314回

4等   15,000~20,500円 

宝くじ別 当選確率を調べてみました

現在、発売されているものや過去のものを参考に、当せん確率を、宝くじ別に調べてみました。

第962回 全国自治宝くじ(ドリームジャンボ宝くじ)

抽せん日: 令和5年6月14日

1ユニット1,000万枚×13ユニットの場合→1億3000枚(総発行枚数)

1枚300円→300×1億3000枚=390億円(発売総額)

4等(1万円)→39万本

39万本÷1億3000枚=0.003%

333枚に1枚が、当たる確率です。

第945回 全国自治宝くじ(年末ジャンボ宝くじ)

抽せん日: 令和4年12月31日

1ユニット2,000万枚×23ユニットの場合→4億6000万枚(総発行枚数)
1枚300円→300×4億6000万枚=1,380億円(発売総額)

4等(5万円)→46,000本

4万6000本(4等)÷4億6000枚=0.0001%

1万枚に1枚が、4等の確率です。

スポンサーリンク

ネットの声

 

第946回 全国自治宝くじ(年末ジャンボミニ)

抽せん日: 令和4年12月31日

1ユニット1,000万枚×15ユニットの場合→1億5000万枚(総発行枚数)
1枚300円→300×1億5000万枚=450億円(発売総額)

4等(300円)→1500万本(すごっ!)

1500万本÷1億5000枚=0.1%

10枚に1枚が、4等の確率です。

年末ジャンボミニは、10枚買えば、1枚は4等が当たるけど、、(当選金額、300円だしなぁ~)。

※ユニットとは?
---------------------------------------------------------------
ユニット制とは、主にジャンボ宝くじに使用している発売のしくみで、賞金条件や発売額がユニット単位で決定されます。「100000番」から「199999番」までの10万枚を1組としており、組の数によって1ユニットの枚数が決まります。今回の「年末ジャンボ宝くじ」は01組から200組までの200組・2,000万枚を1ユニットとし、「年末ジャンボミニ」では01組から100組までの100組・1,000万枚を1ユニットとしています。

引用:https://www.takarakuji-official.jp/

ロト7

ロト7の当せん金額は、各回号の発売額と、当せん口数によって変動します。

4等→約1127分の1の確率

ロト6

ロト6の当せん金額は、各回号の発売額と、当せん口数によって変動します。

4等→約610分の1の確率 

スポンサーリンク

ミニロト

ミニロトの当せん金額は、各回号の発売額と、当せん口数によって変動します。

4等→約52分の1の確率

ビンゴ5

ビンゴ5の当せん金額は、各回号の発売額と、当せん口数によって変動します。

4等→約2035分の1の確率

4等の中で当せん金額が大きいくじは、どれ?

当せん確率の高さなら、「年末ジャンボミニ」の「0.1%(10枚に1枚当せん)ということになります。
ですが、同じ4等で一番当せん金額が大きかったのは、
「年末ジャンボ宝くじ」の5万円。
「バレンタインジャンボ宝くじ」の5万円でした。

まとめ

宝くじの種類と、4等の当せん金額などを調べてみました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます!

宝くじの共同購入で必要な委任状の書き方【大幅節税】

タイトルとURLをコピーしました